トップページ

XIAORINGの日常を綴った日記「店長から一言。」を中心に展開する個人サイト。

↓ 日記「店長から一言。」の最近のエントリー ↓

2015年3月ダイヤ改正・北陸へ特急見納め&乗り納めの旅 ~北越・はくたか・妙高・北斗星・トワイライトエクスプレス~

2015.03.16 07:10

今日の1曲: クロスロード / やなぎなぎ

おはようございます。
スフィア代々木第一公演をいよいよ今週末に控えてペンライトの振りコピとコールを今一度しっかり覚えないといけないXIAORINGです。

更新まで1・2ヶ月とか間隔が空くのがデフォルトのこの日記ですが、珍しく先週に続いて更新できましたw
というのも、今回の話はこの時期に上げたいな…というところがあって、まあなんとか書き終えましたね…

前回の日記に続き、3月ダイヤ改正で廃止となる列車などに見納め&乗り納めするため、北陸へ行ってきたレポートです。

北陸へ、3月14日ダイヤ改正で見納めになる列車へ乗り納めに行ってきました

2015年3月14日のJRダイヤ改正で、ついに北陸新幹線 長野~金沢が開業しました。
これで東京~金沢が最短2時間28分、東京~富山が最短2時間8分で結ばれ、関東から北陸への交通として画期的な出来事となりました。

しかしダイヤ改正は光と影
北陸新幹線が延伸開業する代わりに、その影で、廃止される特急やJRから経営分離される路線の存在があります。

各方面へ様々な列車が行き来していた北陸方面、その在来線の栄光の姿を、もう見れなくなってしまう前にこの目で見て、体験して、記録に残しておきたい!
…という思いで、ダイヤ改正が1ヶ月前に迫った2月7日、前回のほくほく線の特急「はくたか」乗車に続き、3月14日のダイヤ改正で見納めとなる列車や路線に、見納め&乗り納めに行ってきました!

▼(前回) 特急「はくたか」の乗車&撮影レポートも、あわせてどうぞ!

上の写真が今回乗った列車の切符。

今回の旅のミッションは下記の通り。

  • 寝台特急「北斗星」撮影
  • 信越本線 長野~乗り納め
  • 普通「妙高」乗り納め
  • 北陸本線 直江津~乗り納め
  • 特急「北越」乗り納め
  • 寝台特急「トワイライトエクスプレス」見納め
  • 特急「はくたか」乗り納め

そのため、行程は、

  1. 京王線 仙川06:54発 → 新宿07:14着
  2. 新宿 みどりの窓口で切符購入
  3. 埼京線 新宿07:51発 → 赤羽08:04着
  4. 宇都宮線 赤羽08:07発 → 蓮田08:30着
  5. 蓮田 [寝台特急 北斗星] 撮影
  6. 宇都宮線 蓮田09:36発 → 大宮09:42着
  7. 大宮 食事
  8. 長野新幹線 [あさま515号] 長野行き
    大宮10:50発 → 長野11:50着
  9. 長野 E7系 撮影
  10. 信越本線 [普通 妙高3号] 直江津行き
    長野12:45発 → 直江津14:17着
  11. 北陸本線 [特急 北越6号] 金沢行き
    直江津14:47発 → 富山16:02着
  12. 富山 [寝台特急 トワイライトエクスプレス][特急 サンダーバード][特急 しらさぎ] 撮影
  13. 北陸本線・信越本線・ほくほく線・上越線
    [特急 はくたか21号] 越後湯沢行き
    富山16:56発 → 越後湯沢18:53着
  14. 上越新幹線 [Maxとき344号] 東京行き
    越後湯沢19:01発 → 東京20:12着
  15. 中央線快速 東京20:30発 → 新宿20:45着
  16. 新宿 食事・諸用
  17. 京王線 新宿22:37発 → 仙川22:54着

という、長丁場かつ多数の目標を日帰りで全部まわるという、自分で考えておきながらなかなかシビアな行程でしたw

というわけで、そのレポートも当然ハイパー長丁場ですが、それでは参ります!

出発、蓮田にて、北斗星撮影 (3月14日定期運転終了 → 8月23日廃止)

2月7日土曜日の早朝、6:54仙川発の京王線で日の出と共に出発。
新宿でこの日の行程の切符を買いそろえ、埼京線→宇都宮線と乗り継いでまずは蓮田へ向かいます。

最初から北陸へ向かわず、宇都宮線の蓮田へ向かったのは、札幌発・上野行きの寝台特急「北斗星2レを撮るため。
北斗星2レは、札幌を出発した翌朝の9:32に大宮駅に着きます。(札幌3月12日発の列車まで)
ということは、大宮から新幹線に乗る前に、同じく今年見納めになる北斗星も回収できてしまう!ということで敢行しました。

8:30に蓮田に着いて、駅から大宮方面に10分ほど歩いた線路沿いで、北斗星の通過を待ちます。

湘南新宿ラインのE231系

宇都宮線 (東北本線) は、関東~東北~北海道を結ぶ鉄道の大動脈。
貨物列車も多く通ります。
タキを引き連れてやってきたEF210形「ECO-POWER 桃太郎」

EH500形「ECO-POWER 金太郎」に牽かれるコキの一行。
わずか10分の間に桃太郎と金太郎を両方お目にかかれるなどという…!

そして9:24、青20号に金帯をまとって、いよいよやってきました…!

寝台特急「北斗星2レ 函館発・上野行き!!
貫禄の北斗星ヘッドマークを付けたEF510形電気機関車と24系25形客車の列車です。

北斗星といえば、豪華寝台特急の代表的な存在にして、最後のブルートレイン。
鉄道ファンならずとも広く有名で、憧れの存在でした。

青函トンネルが開通した1988年にデビューした北斗星ですが、青函トンネルを使用する北海道新幹線の開通に向けて、2015年3月13日を最後に定期運転を終了、その後も臨時列車として走った後、2015年8月22日札幌発を最後に、27年の歴史に幕を閉じることとなりました。

僕は北斗星は1年前の冬、2013年12月に奥さんと函館に行ったときに乗っており、そのときが初めての乗車でした。

当時から引退間近の噂が出ていましたが、正式に今年8月での廃止が決定した今となっては、あのときに乗っておいて本当に良かったと心から思っています!

▼北斗星乗車と函館旅行の記事はこちらから

大宮から長野新幹線で長野へ

蓮田で北斗星を撮り終えた後は、大宮に戻ってここでやっと朝食。
ここから北陸へ向かうために、長野新幹線長野まで行きます。

大宮駅の新幹線の発車標。
上越・長野新幹線」というこの表示も、もはや過去のものとなりました。

大宮の新幹線ホームへの階段には、北陸新幹線のポスターが一面に並んでいて、期待感をブチ上げにしてくれます。

北陸新幹線のために製造された新型車両のE7系は、去年から長野新幹線で一足早く走っていました。
せっかくなので、ここはやっぱりE7系のあさま515号に乗車!

10:50に大宮を出て、1時間後の11:50に長野に到着。
長野駅の駅名標も、よく見ると、「上田」と逆方向の右側に既に「飯山」が記載されていて、シートで隠されている状態になっていました。

長野駅とE7系車両

長野駅に着いた新型車両のE7系
この日はまだ長野まででしたが、この車両が3月14日からいよいよ北陸へと走り始めたわけです。

車体側面に描かれた、E7系のロゴマーク。
E5系は緑、E6系は赤でしたが、E7系は青空の青と銅色で、沿線の空の青さと伝統工芸を表現したカラーリング。
(参考: エクステリアデザイン | E7系について | meets新幹線 | JR東日本)

先頭の銅色のラインと前照灯まわりのシャープかつ美しい形状、そこから側面に向かって銅のラインが上がっていくなめらかな曲線が、個人的には好きなところです。
E5・E6と同様、最近の東日本の新幹線車両は色がとても鮮やかで塗装が美しく、そういうところがとても好きです。

先頭車両はグランクラス。

長野駅のホームで、E2系とE7系の新旧車両でツーショット!

ホームの先端から金沢方面。
長野から先は、車両基地である長野新幹線車両センターまで数kmの線路がもともとありましたが、これでここから金沢まで線路が繋がりました。

次の列車まで多少時間があるので、ちょっと途中下車して改札を出ます。
(長距離の行程になるときは、こうしてちょっと時間があるときに途中下車できるのがよくて、いつも乗車券は切符で通しで買っています)

長野駅の東口。

そしてこちらが、反対側の善光寺口。

善光寺口の前は市街地の中心地になっています。

長野駅の中は、3月14日の北陸新幹線 長野~金沢開業を全面的に大プッシュの様子でした。

そして北陸新幹線のとなりに、新幹線開業によって並行在来線の経営が移管される、しなの鉄道もありました。

普通「妙高」に初乗車&乗り納め (3月14日廃止)

在来線の改札に入って、新幹線開業での見納め1本目となる、妙高3号に乗ります。

長野駅の在来線ホームに降りると、停車中の「妙高」が!
この普通「妙高3号」に乗って、長野から直江津まで行きます。

車両はかつて日本の鉄道屈指の難所であった信越本線の碓氷峠 (横川~軽井沢) を走るための装備がされた189系の、「あさま色」。
この189系はこれで2度目の新幹線開業を見届けることとなりました。

妙高」は普通と快速がありますが、どちらも特急じゃないのに車両は特急型車両という不思議な列車。

特急ではないので、特急券は不要で乗車券だけで乗車できます。
普通列車なのに特急型車両に乗れるという、おトク感のある列車でした。
(特急型車両で運行される普通列車という貴重な存在がこれで1つ消滅したということになります)

12:45、長野を出発。
各駅に停車しながら直江津へと向かいます。

信越本線は、北陸新幹線の開業で長野~直江津が第三セクターに経営分離されました。
妙高高原を境に、長野県部分 (長野~妙高高原) しなの鉄道 北しなの線、新潟県部分 (妙高高原~直江津) えちごトキめき鉄道 妙高はねうまラインとして、第2の人生を歩き始めることとなりました。

そのため今回、妙高の乗り納めと同時に、JR信越本線としてのこの区間の乗り納めでもありました。

では、ここからしばらく妙高からの車窓。

豊野を出ると飯山線が右に分かれていきます。
さらに遠くの奥には、北陸新幹線の高架橋も見えてます。

車窓から見る山々。

飯山線と分かれてから、牟礼~古間とこのあたりは鳥居川の川に沿って山あいの線路を行きます。

信越本線の北長野~直江津は、途中の黒姫~妙高高原を除いて単線なので、途中駅で行き違いがありました。
牟礼で長野色の115系と列車交換。

このあたりの、長野県~新潟県にまたがる区間はガチで雪国
山も真っ白で、線路沿いにも雪の壁が出来上がっていました。

妙高高原でも115系と列車交換がありました。
すれ違いざまに見てみると、しなの鉄道のロゴと「試運転」の幕が!
この車両は経営分離と同時に、JR東日本からしなの鉄道へと転勤になるようです。

長野県と新潟県の県境付近にある妙高高原は、経営分離先のしなの鉄道とえちごトキめき鉄道の境界駅になりました。
妙高高原を境に、北は妙高はねうまライン、南は北しなの線に、運行形態が分かれることとなりました。

ホームの屋根の上にもびっしり雪が積もってます!

ちょうど脇野田駅のところで北陸新幹線と信越本線が交差します。
そのため、旧・脇野田駅を上越妙高駅に改称、駅の位置を新幹線駅の隣に移動して、上越妙高が北陸新幹線との乗換駅としてオープンしました。

信越本線からみる北陸新幹線の高架橋。
雪の中を一直線に伸びています。

乗車した189系の車内。
国鉄時代の往年の特急車両の雰囲気でした。

そして信越本線の経営分離区間と妙高の乗り納めも終了となる、終点の直江津へ。

直江津

12:45に長野を出発した「妙高3号」は、約1時間半走って14:17に終点の直江津に到着。
ここまで乗車した「妙高号」ヘッドマークの189系。

直江津信越本線北陸本線が接続し、JR東日本とJR西日本の会社境界となる駅。
信越本線を通って長野と新潟へ、北陸本線を通って富山・金沢・福井へ、さらに信越本線からほくほく線~上越新幹線を経由して東京へと、東西南北それぞれの方面への列車が集まる北陸の鉄道の要所でした。

時刻表にも様々な特急がびっしりと並んでいましたが、今回乗車した北越やはくたかなど、直江津を通る特急は新幹線開業でほとんどが廃止となりました

さらに、信越本線の長野方面と北陸本線の金沢方面が第三セクターに経営分離されたものの、北陸新幹線自体は直江津を通らないので、小諸駅のように、かつて特急が停車する主要駅だった駅が新幹線開業後にがらっと境遇が変わるという、これも新幹線開業の影の部分のひとつで、これからの直江津駅の行く末も気がかりなところです。

ホームにいると、向こう側のホームにちょうど今回の北陸新幹線開業で廃止となった特急のひとつ、「はくたか」が到着してきました。
しかも北越急行所属の赤いはくたか!

直江津に停車する「はくたか」と「妙高」が見渡せる場所から。
この2本が直江津に集うのも見納めとなりました。

そしてはくたかは金沢へと出発していきました。
前6両の基本編成が北越急行所属車・後3両の付属編成がJR西日本所属車の、紅白の組み合わせでした。

直江津に停車していた、北陸本線の普通列車も。
413系の普通 富山行き。

北陸本線の直江津~金沢もまた第三セクターに経営分離されることとなり、新潟県部分の直江津~市振はえちごトキめき鉄道 日本海ひすいラインとして新たに歩み始めることとなりました。

信越本線を走った189系と北陸本線を走った413系。

なにげなくとったホームのレピーター (出発反応標識) ですが、考えてみればこれも信越」「北陸となっていて、これもまたひとつの時代の記録となるものですね。

それからホームにあった特急列車の号車ご案内と、特急の停車位置の表示。
こうしたひとつひとつの物が、歴史の記録となります

次は、北越6号に乗り換えます。

特急「北越」に初乗車&乗り納め (3月14日廃止)

金沢と新潟を結ぶ特急「北越」
日本海に沿って北陸の大動脈として走ってきた特急ですが、この北越もまた北陸新幹線の開業の代わりに廃止となりました。

14:47直江津発の北越6号 金沢行きで富山まで、初乗車&廃止直前の乗り納めをしました!

車両はJR東日本の485系。
朝新宿駅のみどりの窓口で切符を買ったとき、窓口の方とちょっと話が弾みまして、気を利かせてくださったのか、日本海側の窓側の席を取ってくださいました!(ありがとうございます!)

日本海縦貫線の一部となる北陸本線金沢~直江津は、関西~北陸から東北~北海道への主要幹線ですが、北陸新幹線の開業に伴って、この区間もJRから第三セクターに経営分離されました。
(新潟県部分はえちごトキめき鉄道、富山県部分はあいの風とやま鉄道、石川県部分はIRいしかわ鉄道)

なのでここもまた、特急「北越」の乗り納めであると同時に、JR北陸本線として乗る直江津~富山の乗り納めでもありました。

特急「北越」は途中の糸魚川に停車。
糸魚川は北陸新幹線の停車駅となり、これからも主要駅としての役割を担っていくこととなりました。

また、北陸本線の糸魚川駅の東側には、直流1500V交流20kV/60Hzデッドセクションがあるのもこのエリアのポイント。
(直江津方が直流、富山方が交流)
そのためこの区間を走る電車は交直流電車を使うことになっており、経営分離後のあいの風とやま鉄道ではこの電力問題を解決するために、電化区間であるにもかかわらず敢えて気動車を使うという奇策に出ています。

動画の15秒ぐらいのところで直流から交流に切り替わります。

北陸新幹線の高架を見上げながら糸魚川を出発。

北陸本線は日本海沿いを走ります。
特に親不知駅付近は山が海岸線までせり出していて、古来より北陸の交通の難所となっていました。
現在は、北陸本線・国道8号・北陸自動車道が、山と海の僅かな隙間に束ねられたように集まっています。
(北陸自動車道はもはや海の上っていう!)

そして1時間15分乗車して、16:02に富山駅に到着!

最後は富山駅に着いた北越をホームから撮影して、別れを告げました。

富山駅、特急銀座を見納め

富山駅で北越を降りたあとは、北陸本線を走る特急をいろいろ見てきました。

北陸本線は、東西南北の各方面へ向かう様々な特急が通っていました。
富山駅を発着する特急は、

  • 北陸~東京方面 … はくたか (越後湯沢で上越新幹線乗り換え)
  • 北陸~新潟方面 … 北越
  • 北陸~大阪方面 … サンダーバード
  • 北陸~名古屋方面 … しらさぎ
  • 大阪~札幌方面 … トワイライトエクスプレス (寝台特急)

があり、北陸と各地を結ぶ多種多様な特急が次々と走る様子は「特急銀座」ともいわれていました。

北陸新幹線と平行する区間では、長距離輸送は新幹線になるので特急は不要に。
そのため、これらの特急は新幹線開業と同時に、

  • はくたか・北越・トワイライトエクスプレス … 廃止
  • サンダーバード・しらさぎ … 運行区間を金沢までに変更 (新幹線のある金沢~富山は走らない)

ということになり、富山駅で今まで見られた多数の特急は、全部見納めとなってしまいました。

ということで、行きと帰りに乗車した北越・はくたか以外にも、富山で見納めになる各特急列車を撮影。

北越に続いてまず富山駅を飛び立っていったのは、特急「しらさぎ」

特急「しらさぎ」は、富山から金沢・米原を経由して名古屋までを結ぶ特急。
富山14:11発 しらさぎ14号。(なぜか米原止まり)

しらさぎが出発するやいなや、そのすぐ後を追っていったのが、特急「サンダーバード」

サンダーバードは富山から金沢・湖西線経由で大阪までを結ぶ特急。
富山16:16発 サンダーバード38号。
北陸本線を走る特急の中ではサンダーバードが最も本数が多く、1日23往復が走っています。

最後は9月にも乗車した特急「はくたか」

この日の16:38発 はくたか14号は、前6両が北越急行所属の赤い681系、後ろ3両がJR西日本所属の白い681系の組み合わせでした。

はくたかは帰りに乗り納めしたので、詳しくはそちらで。
新幹線の駅を隣に見ながら、金沢へ飛び立つはくたかを見送ります。

…と、自分が乗ってきた北越6号を含め、ここまで、

こんなかんじで、なんと特急4本連続!!というダイヤになっていて、まさに特急銀座と呼ばれるに相応しい区間でした。

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の見納め (3月14日廃止)

4本の特急を見送りながら、こちらの大物にも見納めができました。
それが、寝台特急「トワイライトエクスプレス」!!

トワイライトエクスプレスは、大阪から北陸を通って札幌までを運行する寝台特急。
豪華寝台特急の代名詞として、僕の中では「西のトワイライト、東のカシオペア・北斗星」というくらいに夜行列車を代表する存在でした。
JR西・東・北海道の3社にまたがり、走行距離1,495.7km*をほとんど丸1日かけて走るこの列車は、日本一の長距離列車でした。
(* 出典: トワイライトエクスプレス | はじめに - 株式会社ジェイアール西日本フードサービスネット)

トワイライトエクスプレスを大阪から青森まで牽引するのは、EF81形電気機関車

トワイライトエクスプレスは、濃い緑の車体に黄色の帯という塗装で、寝台列車=ブルートレインというそれまでのイメージから大きく特別感を与えました。

北斗星は1年前の冬に乗りましたが、トワイライトエクスプレスは乗ることがなく、今回の旅で初めての対面が最後の見納めとなりました。
それだけに、今回富山まで来て、最後に一目見ることができて本当によかったと思います。

北陸本線の普通列車

新幹線の並行在来線にあたる北陸本線の金沢~直江津は、それぞれ県ごとに第三セクターとなりますが、富山駅を含めて富山県内の倶利伽羅~市振 (管理駅としては石動~越中宮崎) あいの風とやま鉄道として新たなスタートを切りました。

ということで、富山駅に停車中の普通列車も、北陸本線としては見納め

直江津行きの413系、青色一色の通称「青坊主」。
あいの風~トキ鉄間は泊での乗り換えが基本になり、線路は繋がっているものの、富山で「直江津行き」を見ることはできなくなりました

金沢行きの521系と直江津行きの413系の並び。

在来線の隣には、このとき開業を1ヶ月前に控えた新幹線の駅が、列車の到来を待ち構えていました。

在来線で最も南側のホームは高山本線
気動車のキハ120形

高山本線は新幹線の平行在来線ではないので、新幹線開業後もJR西日本・東海が運営することになっています。
なので、在来線の富山駅に乗り入れる唯一のJR線となりました。

在来線の駅構内から、新幹線駅の高架下に新設される、開業前の路面電車の駅が見えました。

北陸初の新幹線の到来に期待を膨らませている様子でした。

富山駅前

今回の旅において、時間的には既に4分の3ぐらい消化しましたが、経路としては折り返し地点となる富山。
帰りの電車までの僅かな時間で、ちょっとだけ駅前にも出てみました。

富山駅の仮駅舎。
新駅舎に移るまで仮駅舎で営業していました。

そしてこちらが新幹線開業で供用開始となる、新しい富山駅の駅舎。

地面に見えるレールは、富山地方鉄道市内電車の軌道線。
新しい駅の高架下に作られた富山駅停留場に繋がっています。
(このときはまだ開業前)

新しい駅前ロータリーの向こうに見えるのが、富山地方鉄道電鉄富山駅

駅前の交差点。

松山・札幌・函館にも行きましたが、路面電車のある街っていいですよね。

富山駅の仮駅舎内の改札。

ダッシュで駅に戻り、帰りは16:56発のはくたか21号へ。

富山で一通りの特急を見送っていたら、帰りの特急までの時間が超絶ギリギリになってしまい、危うく乗り遅れるところでした…危ない危ない…

富山駅の最後に、特急銀座と呼ばれた北陸本線の富山駅の時刻表。
ここにずらっとと並んだ赤文字が3月14日で全部消えることとなりました。

新幹線開業のインパクトの影に隠れながらも、これもまたこれで相当衝撃的でした。

特急「はくたか」に乗り納め (3月14日廃止)

乗り遅れそうになりながらもなんとか帰りの列車に乗車。

帰りは乗り納めのいよいよ最後、3月14日で廃止となる特急「はくたか」
富山16:56発の特急「はくたか21号」越後湯沢行きで、終点越後湯沢まで乗り納めです。

はくたかは、北陸本線~信越本線~ほくほく線~上越線を通って越後湯沢までを運行し、越後湯沢で上越新幹線に接続して北陸と東京を結ぶルートでした。

中でも、北越急行ほくほく線の区間内では、単線ながらも新幹線並の規格で建設することで、普通の在来線を上回る最高時速160km/hの高速走行を可能にしていました。
この最高時速160km/hというのは、成田スカイアクセス線のスカイライナーと並んで、在来線における国内最高速度という記録を持っていました。
その記録を単線の地方第三セクター路線が持っていたという、特急の中でも特筆すべき特急でした。

▼特急「はくたか」には、半年前の9月にも乗りに行っていますので、詳細はそちらでもどうぞ!

はくたかの車内から見る白い683系。

ここからは、はくたかの車内からの車窓。

はくたかから見える山々。

黒部川を渡る橋から。
向こう側が日本海です。

日本海を目の前に走る、親不知。
このへんで外がすっかり暗くなってきました。

犀潟からほくほく線内に入り、はくたかはほくほく線内を最高160km/hの高速進行で走ります。
160km/hの走りを最後にしっかり体験してきました。

ちなみに、ほくほく線の区間は国内でも有数の豪雪地帯。
車窓から手前に見える白い壁のようなもの、これ雪の壁です。

魚沼丘陵~六日町の国道沿いにも、相当な高さの雪が積もってます。

越後湯沢に到着

16:56に富山を出発したはくたか21号は、途中18:02に直江津に停車して、18:53に終点の越後湯沢に到着
これで特急「はくたか」の乗り納めが終了しました。

最後に乗ったはくたか、幸運なことに、北越急行所属の赤い683系に乗れました!

特急はくたかの廃止とともに、北越急行が所属する赤い681系と683系は、全車両JR西日本に譲渡されたので、最後に赤いはくたかに乗ることができてよかった…

北越急行所属車は「スノーラビット」の愛称が付いていました。
スノーラビットのロゴも見納めに記念撮影。
ダイヤ改訂後は、スノーラビットの名前は新設される「新快速」に受け継がれます。

もともと乗り換え時間が8分のところで撮影もしてたので、越後湯沢の乗り換えも間に合うかヒヤヒヤでしたが…
越後湯沢から上越新幹線 Maxとき344号に乗って、20:12に東京駅に到着

東京駅にて、E4系の色違いの並びで。

E4・E5・E6の3色並びで。
(並んでみるとE5系のノーズの長さとE4系の車高の高さの違いがよくわかりますね)

これで12時間以上にも及ぶ一通りの行程を全て終えて、今回の見納め・乗り納めの旅も無事終了です!

というわけで、超弾丸で北陸方面に行ってきましたが、今度は北陸新幹線も開通したので、改めて次は北陸新幹線で富山や金沢に行ってみたいですね!
そんなところで本日は以上。

信越本線、北陸本線、トワイライトエクスプレス、はくたか、北越、妙高、今まで長らく本当にありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。

▼(前回) 特急「はくたか」の乗車&撮影レポートも、あわせてどうぞ!

特急はくたか乗車記~北越急行ほくほく線を走る最後の秋~

2015.03.06 05:03

今日の1曲: シルシ / LiSA

おはようございます。
やっと寒い冬が終わりつつある一方、今年も春の生物兵器との長く険しい戦いが始まったかと思うと憂鬱なXIAORINGです。

3月になってしましました。
2015年も始まったばかりだと思っていたのに、もう今年の6分の1が終わってしまったということです。ヒェ~ッ…
なんだか2月は最初の方こそ弾丸で北陸に見納め&乗り納めの旅に行ったりしましたが、中旬以降はずるずると時の流れに流されてなあなあに終わってしまった感があります。
いよいよ冬クール作品も終盤というところですので、それらも最終回までしっかりついていかなくては…!

さて、3月というとJRダイヤ改正の季節です。
今年は何といってもやっぱり北陸新幹線
3月14日の長野~金沢間開業まで、いよいよあと1週間となりました。(3月6日の執筆時点)

しかしダイヤ改正は光と影
北陸新幹線が延伸開業する代わりに廃止されてしまう特急がいくつもあります。
今日はその中のひとつ、3月13日をもって18年の歴史に幕を閉じる特急「はくたか」に、去年の9月に乗車&撮影してきたレポートをお送りします。

▼(次回) 「はくたか」「北越」「妙高」「信越本線」「北陸本線」の乗り納め&「北斗星」「トワイライトエクスプレス」撮影レポートも、あわせてどうぞ!

2014年9月、ほくほく線と「はくたか」に乗りに行ってきました

3月14日に北陸新幹線・長野~金沢間が開業し、同時にこの日は北陸方面の列車が大変革することとなりました。
やはり新しい新幹線の開業という光の部分が注目されますが、その影で、ひとつの時代を築いた在来線の特急列車や幹線が、一時代に終わりを告げることとなりました。

新潟に、国内の在来線の最高速度タイ記録となる160km/hの記録を持つ特急列車があります。
そしてその日本一の記録は、田園風景の広がる豪雪地帯の地方第三セクター路線で記録されています。

それが、北越急行ほくほく線、そして特急「はくたかです。

そんな特急はくたかですが、今まで越後湯沢で上陸新幹線と接続して北陸への最速ルートとして利用されていましたが、新幹線開業後は北陸新幹線を利用することが多くなるため、3月13日を最後に廃止され、「はくたか」の名前は北陸新幹線の列車名として受け継がれることとなりました。
(参考: 特急「はくたか」の廃止について - 北越急行 News Release (※PDFファイル)
2015年3月ダイヤ改正について - JR東日本 プレスリリース (※PDFファイル))

日本一 (タイ記録) を誇る特急列車が、もう乗れなくなる!
ということで、廃止を半年後に控えた2014年9月、「はくたか」の名前を北陸新幹線に譲る前に、思い立って北越急行ほくほく線の特急「はくたか」に初乗車&撮影に行ってきました!

はくたかに運命を懸けたローカル線、その成功と諸行無常

北越急行は新潟県にある第三セクターの鉄道事業者で、六日町~犀潟を結ぶ「ほくほく線」を営業しています。
全線が直流電化の単線で、多くの列車が六日町から上越線・犀潟から信越線に乗り入れて、越後湯沢~直江津方面を運行しています。

そしてこのほくほく線を経由して越後湯沢~金沢を結ぶのが特急「はくたか」です。
ほくほく線は通常の在来線を超える速度で走れるように高規格の路線で建設されていて、「はくたか」はほくほく線内を普通の在来線よりも速い最高速度160km/hで走ります。
この160km/hという速度が、(2015年3月13日までの時点において、) 京成スカイライナーと並んで日本の在来線の最高記録となっています。

そもそも北越急行は「はくたか」がなければ地方の一第三セクター鉄道に過ぎませんでした。
都市部の路線と違い、地方の第三セクター鉄道は運賃収入に乏しく厳しい経営を強いられるのが一般的です。

そこで北越急行は会社の運命を特急「はくたか」に懸けることにしました。
北陸新幹線の開業がまだまだ先の話だった頃、上越新幹線の越後湯沢からほくほく線を経由して北陸方面に高速の特急を走らせれば、北陸方面の速達ルートになる、これなら勝負できる…と。

しかし元々ローカル線の予定だった路線を、普通の在来線特急の速度を超える160km/hの特急を走らせるためには、車両だけでなくレール・配線・保安システム…などなど、設備全体を高規格のものにしなければならず、かなりのコストがかかります。
地方の第三セクターにはかなり重い負担で、リスクの高い決断だったはずです。
それでも北越急行は、生き残りを「はくたか」に懸け、その決断をしました。
結果的にそれがほくほく線の明暗を分けることとなりました。

また、はくたかは上越新幹線と接続することで北陸方面への速達ルートの座を維持できるということであり、それはすなわち、ダイヤの乱れが許されないということになります。
越後湯沢で新幹線と乗り換えられなければ、はくたかの優位性が失われることになり、それははくたかに懸ける北越急行の経営を左右することを意味するからです。

その上ほくほく線が通る新潟県は国内有数の豪雪地帯。
普通なら雪で電車が運休や大幅遅延が続出するようなくらいの降雪がある地方ですが、ほくほく線はそれだけたくさんの雪が降っても遅延が許されないという、非常に厳しい条件を課せられているのです。
豪雪地帯での定時運行のために様々な設備と雪国の智恵を駆使して、それ自体も非常にコストや手間がかかるものだとは思いますが、それでもそこに全力を注するのは、「はくたか」が北越急行を支える切り札であるからに他なりません。

地方の第三セクター鉄道としては非常にリスクの大きい道をあえて進み、そしてローカル線とは思えないほどの高規格・高速路線として成功を納めた北越急行。
しかし、そうして成功した北越急行も「はくたか」の時代は永遠ではなく、北陸新幹線開業後は会社の最大の稼ぎ頭を失うことになります。

そうした地方ローカル線のサクセスストーリーと、成功の先の儚さ…そういった点が僕の心を魅了したのでした。

越後湯沢

9月の連休中日の15日、朝7:30仙川発の京王線で出発。
8:52東京発、Maxとき+Maxたにがわ 311号で越後湯沢へ。
越後湯沢までしか行かないので、たにがわの方に乗車しました。

10:22、越後湯沢に到着。
はくたかも初めてですが、何気にこの上越新幹線とE4系も、このときが初めての乗車でした!

新幹線ホームから在来線ホームへ行くと、そこにははくたかが…!!

JR西日本所属、681系白い「はくたか」です。

後に撮影と乗車することになりますが、はくたかとの初対面は越後湯沢でした。

行きは普通列車で

ほくほく線沿線で途中下車して撮影しようと思っていたので、行きははくたかはまだ乗らず、反対の0番線に停車中の普通列車に乗車

北越急行所属、HK100形の「ゆめぞら」。
ほくほく線の普通列車は、東京方は六日町からJR上越線の越後湯沢まで乗り入れていて、越後湯沢の0・1番線はほくほく線方面専用ホームになっています。

この車両に乗車して、ほくほく線の初乗車をしました。

ゆめぞらは網棚の後ろにイラストが描かれているほか、照明も間接照明になっています。
そしてほくほく線は長大トンネルが多いのが特徴。
その長いトンネルの時間を利用して、特定日の1日2往復、トンネル内で車内の天井に映像を上映するという珍しい演出もやっているそうです。

普通列車の車窓から。
ここはまだ上越線区間ですが、沿線には一面に稲穂が実っていて遠くには山々…という、本当にのどかで心洗われるような風景です。

ほくほく線というとやっぱりはくたかの160km/h運転が注目されますが、なにげに普通列車も110km/hという、地方のローカル電車とは思えない走りっぷりです。
というのも、普通列車は速い特急列車に後方から追われながら走るわけですが、ほくほく線の場合は追ってくる特急はくたかが160km/hという破格の速さなので、はくたかの速さに支障しないように普通列車も速く走る必要があるのだとか。

ほくほく線内は単線なので、上下の行き違いも何度か行われます。
途中、単線トンネル内の信号場で、はくたかとの行き違いを体験しました。

高速進行ではくたかが真横をすり抜けていく迫力!

ふつう、列車が近づいてくるときって、遠くから音が聞こえてきて列車が来るのに気付きますが、はくたかとの行き違いの場合は、音よりも先にトンネル内の急激な気圧変化ではくたかの接近を感じるという、独特な体験でした。
(映像ではこの気圧変化が伝えられないのが残念なくらいです)

くびき

信越本線に接続する犀潟の1駅手前、くびき駅で途中下車。
ちなみに「くびき」というのは、このあたりの地域の名前「頸城」を平仮名にしたものです。

くびき駅の駅舎。
ドーム状の独特な形の建物です。

駅を出てしばらくあるいていくと…

目の前に見渡す限り黄金色に輝く一面の田んぼ!

カメラを最大限に広角にしても収まりきらないほどの、広大な農地が広がっていました。

田んぼを築堤で掻き分けて進む線路。
(右側の高くなってる上がほくほく線の線路)

田んぼのあぜ道を進んで、はくたかが来るのを待ちます。
こんな見渡す限りの田んぼの中のあぜ道なんて、28歳にして初めて歩いた!w

JR西日本所属の白い「はくたか」

田んぼのど真ん中で時刻を確認しながら待っていると、そこへ遠くから1本の光の矢のようなものが…!

金色に輝く一面の稲穂の海を駆け抜ける、特急「はくたか」!!
JR西日本所属、681系の白いはくたかです。

160km/hの高速進行で、風のようにあっという間に駆け抜けていきました。

金沢発・直江津行の、はくたか9号でした。

ここでもう1本、今度は逆方向の金沢行きを待ちます。

北越急行所属の赤い「はくたか」

そして青空と白い雲、山々をバックに、緑の築堤を颯爽と飛ばしてきた、北越急行所属の赤い特急「はくたか」!!

鮮やかな赤いラインに「HOKUETSU EXPRESS」ロゴ。
北越急行が所有する681系2000番台は、「スノーラビット」の愛称が付けられています。

夏の残暑が残る青空の下、一羽の白い鷹が頸城野の大地に秋の訪れを告げながら羽ばたいてゆきました。

北越急行のサイト上に、どの列車がどの編成で運転されるか記された編成表が公開されていて、この場所で赤白2つのはくたかがどちらも見れるタイミングをピンポイントに狙って挑みました。

田んぼの向こうを見ると、ちょうど収穫の時期を迎えた稲穂を刈り取っているところでした。

これがやがておいしいごはんとなって食卓で食べられることになるのでしょう。

普通列車HK100形「ゆめぞら」

この日のメインの収穫物である2本のはくたかを撮り終えたあと、今度は普通列車のHK100形もやってきました。
田んぼと緑と青空の広がる、とてものどかで穏やかな景色にとてもよくマッチしています。

といっても普通列車も最高110km/hなので、都心の通勤電車並のスピードが出てるんですけどね。
あおぞらを行く、ゆめぞら。

とてもいい天気で、色合いも鮮やかで、本当に天候に恵まれた日でした。

一面の田んぼの中、のどかなあぜ道を歩いて駅へと向かいました。

再び、くびき駅

ここでの撮影はこれで終了。
再びくびき駅に戻って、引き続き直江津へ向かいます。

くびき駅前のロータリー。

駅舎の中には沿線の写真もありました。

くびき駅のホーム。(写真奥が越後湯沢方面)
相対式ホーム2面2線で、特急は止まりませんが列車交換ができる駅です。

この駅を含めほくほく線内の交換可能駅はすべて1線スルーの配線になっているので、特急はくたかの通過時や待避がない列車は、減速の必要がない直線側の線路を通ります。

反対を向いてホーム先端から直江津方面。
右側の主本線の線路が直線のまま、左から待避線が合流してきているのが分かります。

そしてポイントには、新幹線で使われる (ましてや地方路線では稀な、) ノーズ可動式ポイント (レールの交差部分が進路に合わせて動いて、レールの切れ目をなくす方式) が全面的に使われているという、徹底した高速化が図られています。

ほくほく線の特徴のひとつである、6灯式信号機

在来線最高速度を誇るほくほく線の特急は、普通の路線よりも数十km/hも速度が高いので、普通の進行現示 (青信号) よりさらに上、「最高160km/hで進行可能」を示す、青信号を2つ点灯させた「高速進行」現示ができるようになっています。
高速進行が可能な区間には、信号機の下に「160」の速度標識があります。
(参考: ほくほく線の高速運転を支える設備 - 北越急行株式会社)

くびき駅のホームから。
遠くには山々、目の前には稲穂の海。

普通列車の直江津行きに乗車して、先ほどはくたかを撮影した築堤~高架区間を通っていきます。

上の写真を見ると、高架橋がやたらスッカスカの構造に見えますが、これはほくほく線の沿線は冬場は豪雪地帯なので、雪による被害を最小限に抑えるため、雪が高架橋上にできるだけ積もらないようにこうなっているんだとか。

北越急行は、はくたかが高速で走って上越新幹線と接続することが重要な生命線なので、豪雪地帯にもかかわらず雪による遅延が許されないという非常にシビアな運行条件を課せられているわけで、そのために地上区間全線において様々な積雪対策が施されています。(これぞ雪国の智恵!)
(参考: 雪と闘うほくほく線 - 北越急行株式会社)

直江津

ほくほく線は犀潟から信越本線に乗り入れ、直江津駅に到着。
直江津は信越本線北陸本線が接続し、長野・新潟・北陸の3方面を繋ぐ要所となる駅です。

ほくほく線の普通列車は直江津まで乗り入れて、直江津から越後湯沢方面に折り返していきます。
はくたかは直江津から北陸本線に入って金沢まで直通していきます。

信越本線はJR東日本、北陸本線はJR西日本なので、直江津はJRの会社境界となる駅です。
駅名標にも東のグリーンと西のブルーの2色に塗り分けられています。

3月14日の北陸新幹線延伸開業後は、直江津から長野方面と富山方面が第三セクターに経営分離されてしまうので、この塗り分けも見納めでしょうか…

真ん中のホームには、信越本線の普通列車・115系が並んで停車していました。
信越本線も、長野~直江津をJRの路線として走るのは、3月13日がラストとなってしまいました。

長年ひとつだった路線がこれから別々の道を歩み始めるのを前に、この列車たちは何を思うのだろうか…

(奥のホームには同じく経営分離される北陸本線 富山方面の電車も見えますね。)

直江津駅付近

ここで折り返しとなるので、直江津駅付近での撮影も兼ねて、ここで駅の外に出ます。
直江津駅の駅舎。

直江津駅の近くで関川という川を渡ります。
関川にかかる橋の向こうを見ると、すぐそこが日本海です。

この「直江津橋」は日本百名橋に選ばれています。
波のような形の欄干が特徴的です。

直江津橋のすぐ上流側の隣には、信越本線が関川を渡る橋があります。
普通列車が通過していきました。

橋を渡ってもう少し歩いたところの踏切で、またまた特急「はくたか」を撮影!
JR西日本所属の681系です。

反対側を振り返ると貫通型でした!

はくたかは6両の基本編成3両の付属編成を連結した9両編成で運転されていて、両端は流線形、連結部分は通り抜けできる貫通型の車両になっています。
が、1日に何本かたまにこのような基本編成6両のみの列車があり、はくたかを見るならどちらの型も見ておこうと思って、編成表を見てここを狙って行きました。

帰りの電車の時間があるので、このあたりで直江津駅に戻ります。

直江津駅の跨線橋から新潟方面。
直江津には当駅発着の列車が多数あり、構内にはたくさんの側線が広がっています。

改札に入ったらここからは東京への帰り道です。

帰りは特急「はくたか」に初乗車

そして帰りはいよいよ、特急「はくたか」に初乗車しました!
やってきたのはJR西日本所属の白い681系。

直江津13:53発・はくたか13号 越後湯沢行きで、直江津から終点の越後湯沢まで乗車。
国内在来線最速の160km/hの走りを体験してきました!

そして鉄道の旅にはやっぱり駅弁!
ということで、特急はくたかの車内で駅弁を食べました。

国内有数の米の産地を車窓に見ながら食べる魚沼産コシヒカリは格別。

犀潟で信越線からほくほく線に入り、そこから一気に加速して、先ほど途中下車したくびき付近の田園地帯を高速進行で走っているときの車窓を、動画でも撮影してみました

速度自体も速いのですが、その高速走行を実現するために路線の線形や軌道の状態も非常に良いので、在来線というよりはまるで新幹線のような乗車感覚でした!

そしてこのハイスピードで断面の狭い単線トンネルに突っ込むので、普通の路線よりもトンネルに入ったときの気圧変化が強く感じられて、「ぶっ飛ばしている感」が味わえます。
(それでもはくたかの特急車両は、トンネル走行時の「耳ツン」を低減する対策がされています)

とても快適な列車でした。

再び、越後湯沢駅

直江津を13:53に出発してからちょうど1時間、14:51に終点の越後湯沢に到着。
延長84.2kmの道のりを58分で走りきりました。

今乗り終えたはくたかの車両を最後に記念撮影。
この車両がはくたかとして160km/hを出して走るのもいよいよ最後です。

北陸へ向かう幾多の人々が乗り換えに使った0・1番線の階段。
0・1番線のホームもまた、ひとつの使命を全うしました。

越後湯沢駅から。
越後湯沢は上越線と上越新幹線の駅で、山あいの場所に駅があり、新幹線側の西口は地上 (ホームが高架) 、在来線側の東口は橋上になっています。

新幹線への乗り換えまでの時間を利用して駅前に途中下車。
越後湯沢は駅前から温泉街が広がっています。

駅前のHATAGO井仙の、温泉水を使った温泉コーヒーと温泉プリンもおいしいです。

上越新幹線で東京へ

ほくほく線&はくたか乗車の旅もこれで終わり。
帰りは越後湯沢から、とき366号で東京へ。

東京駅に到着。
となりには東北新幹線のE5系が並んでたのでこちらも撮影。

E5・E6・E7と、最近の東日本の新幹線は、カラーリングがきれいで、車のような塗装で、空力を計算し尽くされた美しい曲線で、かっこいいですよね。

最後に、大都会東京のビル群をバックに帰りに乗車したE2系を撮影して今回の旅は終了。

新宿で京王線に乗り換えるときに有人改札を通り、「はくたかが在来線特急の時代の特急券」は記念に持って帰りました。

地方第三セクター鉄道が日本一 (タイ) の記録を誇った伝説の特急はくたか。
その名前を新幹線に受け継いだ後も、新潟と北陸の地を鷹のごとく駆け抜けたその記憶は、いつまでも心の内に留めておきたいと思います。

以上

ということで、はくたか乗車レポートはこれにて以上。
引き続き、2月に北越・妙高・はくたかの乗り納めとトワイライトエクスプレス・北斗星の撮影に行った話を、そのうち書こうと思います。そのうち……いや、いつか……
ではでは。

P.S.
日本の工業デザインの礎を築き、様々な製品のデザイン、そして鉄道の分野でもE231系・209系・E3系こまち・成田エクスプレスなど素晴らしい作品を世に産み出してこられた、GKデザイングループ会長・榮久庵憲司さんの多大な功績に感謝するとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

▼(次回) 「はくたか」「北越」「妙高」「信越本線」「北陸本線」の乗り納め&「北斗星」「トワイライトエクスプレス」撮影レポートも、あわせてどうぞ!

更新情報

Now
店長から一言。 を更新中。
2015.03.18
ローカルエリア > その他のネタ置き場スフィア ライブのペンライト振りコピ&コール個人的メモ を追加しました。
2015.01.18
ローカルエリア > その他のネタ置き場2015年 京王線写真超俺得仕様カレンダー を追加しました。
2014.08.15
<ver.3.2.4> 日記内の写真表示枠のデザインを変更、日記のタグ・旅行を追加しました。
2013.10.25
<ver.3.2.3> フォントの指定にWebフォントを導入しました。和文部分にM+ 2cを使わせていただきました。その他、CSSで見出しにtext-shadowを設定、サイドバーのTwitter Widgetを変更。
2013.02.08
<ver.3.2.2> リンクにマウスオーバーした時に微妙にアニメーションを設定しました。その他、CSSで各要素を微調整。
2012.12.01
オープン10周年を迎えました。
2009.12.30
<ver.3.2.1> font-familyの指定を変更しました。


プロフィール
XIAORING
男性
1986.7.22生まれ
A型、蟹座
神奈川県相模原市出身
RSS
最近の日記
タグ

芽我拒グループ web支店

アドバン向けページ

Get Adobe Reader

Valid XHTML 1.0 Dreamweaver Firefox Opera WMP PHP Powered

XIAORING BEST

2015年 京王線写真超俺得仕様カレンダー